パニック障害と関連して起こる障害

ホーム > パニック障害と関連して起こる障害

不安という感情は、誰もが日常的に持っているもので、全く不安のない人生を送っていると言う様な方はほとんどいないと言って良いでしょう。そんな誰もが抱える不安は、社会で生きていくためには必ず付き合っていかなければならないものです。しかし、その程度といえば、人によって実に様々で、当人が耐え難いほどの、あまりに強い苦痛を感じてしまい、生活に支障をきたすような事になった場合は、不安障害と言う病気だと考えられます。
最初に述べた様に、パニック障害もこの不安障害の一つなのですが、他の不安障害を併発する恐れのある病気です。特に合併しやすいものとして、全般性不安障害、強迫性障害、特定の恐怖症、社会恐怖、外傷後ストレス障害などが上げられます。全般性不安障害は、めまいや頭痛などの身体症状を伴ったイライラ感が治まらず、漠然とした不安が半年以上続くといった症状などがあり、強迫性障害は、偏った考えや行為にとらわれてしまい、自分で意味がないと理解しているのにも関わらず、やめられない。例えば閉めたはずの家の鍵を何度も何度も確認しに帰ってしまったり、事あるごとに、手が汚れてしまった気がして執拗に洗い続けてしまったりしてしまうといったものです。

特定の恐怖症は、狭い場所や、苦手な動物など、特定の対象に対して、異常な恐怖心を抱いてしまうもので、こちらも、過敏な反応だと自分でも理解しているのですが、どうする事もできません。有名なもので、高所恐怖症や閉所恐怖症などがあります。社会恐怖は人前で話すことや、恥をかくことに極端なほど敏感になり、そのような場面を避けようとします。
人と接する時に恐怖や不安が強く出てしまう対人恐怖症や赤面恐怖もこれらの一種に当てはまります。外傷後ストレス障害は、PTSDとも呼ばれ、過去に負ったトラウマなどの心の傷が、時間がたってからその体感をリアルに思い出し悪夢にうなされたり、同じ状況を避けるために、行動範囲を狭め、引きこもってしまう状況に陥ってしまうといった内容になります。
このような不安障害を合併しやすいパニック障害ですが、パニック障害に合併して、他の不安障害が起こったのか、これらの不安障害の一つの症状としてパニック発作が起こったのかを見極めることが、今後の治療に大きく関わってきます。